出会い系ではポジティブが大切

セックスフレンド

出会い系サイトでメールをしたり、実際に女性に会ったりしたときには、基本的にはポジティブなことをいうようにしましょう。

  • 会社でイヤなことがあった。
  • ぼくなんて太ってるからどうせ会いたくないでしょ。
  • 毎日つまらない。

そういうネガティブなことばかり言う男性がいます。同情してもらおうと思っているのか、母性本能をくすぐろうとしているのか……。

ネガティブなことを言っても良いことは何もありません。女性は離れていくだけです。女性は自信のある男性が好きなんです。

そもそも、常識的な大人の男性だったら、ネガティブなことばかり話しているのはマナー違反であると考えるはずです。なぜならネガティブな言動は相手をイヤな気持ちにさせるからです

女性は、楽しくて自身にあふれた男性を好みます。そして、その男性と楽しいことを共有したいと考えるのです。

つまらない男とセックスをさせてくれる、まるで聖母のような女性を期待する前に、あなたの言動をポジティブに作りかえていきましょう。

ポジティブな言動のメリット

さて、実はポジティブな言動には、女性に好意をもってもらう以上のメリットがあるのです。

それは、ポジティブな言葉や行動を心がけていると、本当にポジティブな人間になっていくということです。

これは、行動科学的に証明されています。

人は、元気がある人のように振る舞えば元気になるのです。

そうなれば、出会い系サイトに対するモチベーションもどんどん高まっていくことでしょう。

自分には可能性がある。女の子とセックスできる。自分は女の子に好意を持ってもらうに足る人間である。

そういう衝動が心の底から沸き上がってくるのを感じることができるはずなのです。

【プロフィールのススメ】出会い系サイトで人気男性になるためには?

セフレ塾

出会い系サイトで素敵な女性をゲットしたい!と思ったら、まずは素敵な女性と出会わなければいけません。

合コンなら直接顔を見合わせて、話をしながら恋愛への発展を望むことができますが、出会い系サイトの場合はそうはいきません。

出会いは、サイトのプロフィールが全てとなっているのです。

そこで出会い系サイトを利用していく上で、人気男性になるためには【プロフィールで引き寄せる】ことが重要です!

さぁ、いったいどのようなテクニックを散りばめればよいのでしょうか?

早速、ご紹介していきますね。

テクニック1:自撮りプロフィール写真はあまりウケない

光を駆使して、バッチリ目線を合わせた自撮り写真。「何だか普段の俺よりかっこいいな」と思える写真を載せたい気持ちは分かりますが、実はあんまりモテないのです。かっこつけすぎているとナルシストを疑われて、女子はあまり魅力を感じません。プロフィール写真は、出来れば自分以外の人に撮影してもらったものをオススメします。目線を少しそらした写真の方が自然で、女性の心を掴むかもしれませんよ。

ペットや好きなアニメキャラの写真は、絶対にダメです!

テクニック2:連絡しやすい時間帯を明記しておく

出会い系サイトは、メールや電話でのコミュニケーションが基本となります。

ですから、相手の女性は少し返信がないだけで不安に思ってしまうこともあるのです。そこで、最初から相手の女性を不安にさせないために【平日は18時~連絡が取りやすいです。休日はいつでも大丈夫】などと、具体的に示してあげるとよいでしょう。そうすることで、相手の女性もあなたに連絡しやすくなるはずです。

テクニック3:趣味は一般的なものと、オリジナル性の高いものを組み合わせて

趣味の欄はとても大切です。ここでのポイントは、趣味は一般的なものと、オリジナル性の高いものを組み合わせて載せるということです。一般的な趣味としては、映画観賞、スポーツ観戦、ランニング、美味しいものを食べる、音楽観賞などが良いでしょう。オリジナル性の高いものとしては、スイーツ作り、ガンダムグッズを集めるなど、思わず突っ込みたくなるような要素を詰め込みましょう!

いかがでしたか? 今回は、出会い系サイトのプロフィール欄で素敵な女性を引き寄せるテクニックをまとめてみました。

出会い系サイトで素敵な女性と巡り合うためには、ファーストインプレッションが大切です。是非、参考にしてくださいね。

メールでのやり取りが盛り上がった女性と確実に実際会う方法

セックスフレンド

出会い系サイトをやっているけど、実際に会うところまではなかなかたどり着けない……と悩んでいる男性が多いようです。

けれどそういった人でも、メールではすごく気が合った女性はいたという場合があります。それなのに、いつのまにかフェードアウトしてしまったという状況です。

では、どうして盛り上がったメールの延長として実際に会うことができなかったのでしょうか?

もしかしたら気が付かないうちに、女性から嫌われてしまうNG行為をしてしまったのかもしれません。

ここでは、メールで話の糸口をつかんだ後に印象をうなぎ登りにさせ、女性の方から「あなたに会いたい」と言ってくれるようなメールのやり取りについて考えてみましょう!

メールでのやり取りが盛り上がった女性と確実に実際会う方法をまとめました。

「そんなこといっても盛り上がるのが大変なんだよ!」という方は「メールやLINEで文章によるコミュニケーションを盛り上げるコツ」を一緒に読めば知識が深まります。

趣味の話題はとことんやり取りする

メールの会話が盛り上がるのは、共通の話題がある場合が多いようです。趣味が同じだったり、いつかやってみたいと思っていることを相手が既にやっていたり。すると、そのことについて話しているうちに自然と相手に対して親しみを感じます。

実はこの趣味についてのやり取りは、長ければ長いほどいいのです。よく男性が思ってしまうのが、「ずっと文字でやり取りするよりも話したほうが早いのに」ということです。メールが苦手な人は、特にこう思いがちです。そして、ここまで話が合っているんだからもう会ってもいいだろう、女性もそう思っているだろうと考えるのが、男性の悪い癖だと言えます。

メールで趣味について盛り上がっているとき、女性は擬似的な友人関係を楽しんでいます。そこに「そろそろ会いたい」と早いタイミングで言ってしまうと、女性は「そうだ、ここは出会い系サイトだった」と冷水を浴びせられたような気分を味わってしまいます。そのことが「私は趣味について楽しく話していたのに、この人は会いたいから話を合わせていただけかもしれない」という疑いにつながってしまいます。こうなると、女性は一気に警戒してメールの返事をくれなくなることがあります。あからさまに返信が途絶えることはなくても、気分は確実に盛り下がっています。

冷水を浴びせたあなたのことをある意味逆恨みして、話していて楽しい相手だとは思えなくなっているのです。こうなると、決して進んで会おうとはしなくなるでしょう。

だからこそ趣味の話題で盛り上がっているときは、あえて会う話は封印しておきましょう。メールのやり取りをまだるっこしく感じてしまうかもしれませんが、それは女性と距離を詰めるために必要なプロセスです。ではいつまで封印すればいいのかですが、これは相手にもよるのですが比較的短い期間ですみます。女性側だって、ここが出会い系サイトであることを一時期忘れているだけです。理性が戻れば、出会いを求めている男女がメールをやり取りしていることに気が付いてくれます。

これは一晩眠れば気がつくかもしれませんし、週末にゆっくりできる時間があれば気がつくかもしれません。何週間も忘れたまま、ということはありえませんし、それくらいなら本気で出会いを求めてはいないということなので、そもそも実際に会おうとは考えていない女性だと言えます。

そして女性の方が「そういえばここは出会い系サイトなんだから、メールをこんなにやり取りしたからには会いたいと思ってもらっているのかも」と気が付いたときに、同時に「でも向こうから会いたいとは言いにくいのかもしれない、気を使ってくれているのかも。優しい紳士的な人なのね」とあなたへの評価が一気に上がります。

男性側は、そういった女性の心の変化を待つことが一番の近道です。

女性からの「会ってもいい」というサインを待つ

長くメールをやり取りしていると、女性の方でも必ず「私たちはいつか会ったりするのかも。それはいつなんだろう」と意識し始めます。けれど女性からそれを言い出すのはためらってしまうので、分かりやすく誘うことはあまりしたがりません。そういうときに女性は、かすかなサインを出すようになります。

例えば休日の話をしたり、流行りの場所について話題を出したり、というサインです。趣味の話をしていたなら、その流れでとにかく「場所」についての言及が増えてきます。そういった具体的な「場所」や「時間」の話題が出ること、それが女性側からの「会ってもいい」というサインです。

具体的には「あそこでサーフィンするなら朝がいいって聞いたことがある」、「スイーツの美味しいお店が渋谷にできたんだって」、こういった内容です。後者については場所なので、分かりやすいですね。前者は時間の話です。この場合も女性は、「じゃあ朝に行ってみようか」などの話の流れを待っています。これにぜひ気がつくようにしてください。

まとめると、出会い系サイトでは男性側は受け身でいる方がうまくいきやすいということです。ガツガツしている男性は嫌われると心得て、ぜひゆったりとやり取りを楽しむところから始めてください。そして女性からのサインを見逃さずに誘うことができれば、メールで盛り上がった雰囲気そのままに実際に会うことができます。

セフレ作りのメールでもっとも重要なのはタイトルです。

セフレ塾

出会い系サイトでは、他の男性ユーザをいかに出し抜くかが重要になります。もっとも大切なのは、メールのタイトルです。

なにせ、ほとんどのメールは本文を読まずに捨てられてしまうのですから。

女性は一日に何通ものメールを受け取ります。タイトルをずらずらと読んでいって、目についたものだけを開封するのです。

だから、内容がコピペであっても、タイトルだけはかならず女性の情報に関連した文にしてください。

たとえば、女性のプロフィールに野球観戦が趣味と書いてあれば、「昨年のマー君の試合をアメリカまで見に行きました」なんて書いておいたら、開封される確率は格段に上がります。

返事が来ないと悩んでいる男性のほとんどは、本文を一生懸命変更しては悩んでいるのです。

しかし、実際には開封さえさせてしまえば、返信の確率はかなり高いのです。

ためしに、出会い系サイトで女性として入会してみてください。

メールのタイトルが「はじめまして」だとしたら、いかにメールを見る気にならないかがよーくわかると思いますよ。

セフレ作り初心者にありがちなミスは、相手との距離感を間違えること

セフレ塾

セフレ作り初心者にありがちなミスは、相手との距離感を間違えることです。

最初は誰だって他人同士。その他人同士、何も知らないもの同士が相手とセックスをするところまでこぎつけるには何が必要なのでしょうか。

それは、相手と自分の立ち位置を把握し、、そこからキャッチボールする感覚です。一般の人はこの行為を「心の距離を縮める」と言いますが、本当にそうでしょうか? あなたも今頷いていたのなら、ちょっと待ってください。私には違うように思えるのです。私が考える相手との良いコミュニケーションは、心の距離感を「保つ」ことだと想うのです。

距離は「縮める」のではなく「保つ」

自分が迫られる側になって考えてみましょう。もうすでにこの言い方に違和感を覚える方もいるのではないでしょうか? そうです。まだ相手との関係が確立されていないときに自分に相手が近づいてくるとき、自分は「迫られている」という感覚を覚えるのです。それはさながらホラー映画で幽霊に襲われる主人公のようです。

それを思い浮かべると、決して嬉しいことではない。そうなんです。自分が迫られている時、人は不快なのです。それはセフレ作り初心者にありがちなパターンで、「何とか近づいてやろう」という気持ちが見透かされて、逆に責められているような感覚を覚えるのです。自分がそう責められることを想像してみましょう。ちょっと気が重くありませんか?人間は、心理的に相手に寄りかかられるとそこから距離を置きたがる傾向があります。よほど好印象を持っている相手なら別ですが……。

ですので、心の距離は「保つ」方が良いのです。まずはそこからなのです。

初対面が肝心

さて、そのような人付き合いのなんたるかを考えたところで、ではどうすれば良いのか。という疑問が湧くと思います。

セフレ作り初心者の方は特に、玉砕覚悟で異性にアタックすることが多いと思います。それに比べて人付き合いの上手な人のなんと余裕のあることか。それは羨ましくなってしまうほどなのですが、初心者は逆に正面突破でアタックすることが良い、と勘違いしている人が多い。私が見たところほとんどそうです。

一般にオタクっていますよね。彼らの特徴を思い浮かべてみてください。「早口」だと思いませんか?そうなんです。コミュニケーション力の少ないとされるオタクは、早口で人とのコミュニケーションの敷居を上げているのです。話の内容も相まって、付いてこられる人はごく少数。ですから逆に、その敷居をまたいでこられる同じ趣味の人とは「ものすごくウマが合う」。ですがそれ以外の多くの人とは適切な距離がとれず、うまく距離を保てずに関係が長続きしないのです。

そんな風になっていないでしょうか? 自分を考えてみてください。もしそうならば変えた方が良いでしょう。恋愛上手に限らず、友達の多い人には共通して「敷居の低さ」があります。あなたもそうなってみたらいかがでしょうか? 心の敷居の低さは、自分の努力で変えられます。

その一番大切な場面こそが、初対面での印象なのです。

初対面で気を付けること

あなたが自分に興味をもってもらいたい時に、どういうことをすればよいのか。

それは、「あなたがしてもらいたいこと」を相手にすれば良いのです。

まず最初は笑顔。数ある動物たちの中でも、自然に笑顔を出せる、またはそれを笑顔と認識できるのは人間だけだと言われています。その特権を活かし、笑顔で接してみましょう。「自分はそういうキャラじゃないから」そう深く考えずにいきましょう。相手はあなたの「そういうキャラ」は求めていません。

そして仲良くなりたい相手の「求めるキャラ」になってみましょう。そうすることで、相手も「あなたの求めるキャラ」になってくれるのです。人間には相手を鑑みて自分を設定する心理要素があります。

あなたが不快な言動をすれば相手もそうする。逆もまた然りなのです。そこを間違えないようにしましょう。それは恋愛に限らず人間関係でも同じことなのです。つかず離れずの関係が一番心地よいのです。

そして、その心地よい関係に、人は安住したがるのです。相手の安住の地になれるように、自分をリセットして変えていきましょう。少しの意識で変わります。セフレ作りも、人間関係も。

脱!草食系 男は狩りに出よう

セックスフレンド

「見た目はこざっぱりしているし、女性にもガツガツしていない、そういうボクは、いま流行りの草食系男子です。でも彼女ができません。彼女どころか、もう2年も素人女性とHしていません。なぜですか?」

ハイハイ、こういう男性はいます、自称「草食系男子

草食系男子の「さわやかで清潔感のあるイメージ」だけで何とかなると思い、女性からアプローチしてくるのを待っているだけの男性。

ズバリ!あなたは「草食系男子」などと言っているから、彼女ができないんです!

草食系男子の真の姿を知り、脱草食系をはかることこそが、彼女ができる近道なのです!

1.真の草食系とは

そもそも草食動物というのは、ずーっとご飯を食べていなければならない生き物です。

牛はずーっと牧草を食べていますね。一度食べたものを吐いて、またそれを食べるという荒業も持っています。しかし草食動物の多くは、けして栄養価の高いものは食べていません。いいものを食べるとお腹を壊してしまうのでしょう。 そこら辺に生えている草を、ただ黙々と食べているのです。

では、これを草食系男子に置き換えてみましょう。

草食系男子は、絶えずSEXしています。一度昇天した後も、すぐ再トライできます。「賢者タイム」などはありません。

しかし、けしてイイ女とはSEXしていません。イイ女とSEXをするとお腹を壊してしまうのでしょう。 そこら辺にいる女性と、ただ黙々とSEXしているのです。

どうですか。これが真の草食系男子ですよ。

長年連れ添った奥さんと、ただ黙々とSEXをする中年男性。彼らこそが「真草食系」なのです。

こんな男性がモテますか? あなたはこのような男性になりたいのですか?

2.草食系男子は肉食系女子に食べられるだけの存在

「草食系男子はモテる」は、世間のイメージ操作です。

その操作をしているのは、おそらく「肉食系女子」でしょう。

自分たちの餌に困らないように、「相手をえり好みせず、常にSEXをする男」として「草食系男子」を育て上げているのです。

そして、常に餌に困らない「肉食動物の醜態」をご存知でしょうか?

狩りをしなくても餌にありつけるため、ブクブクと太り、1日の大半を寝て過ごしています。

あなたが「草食系男子」である限り、やがてはこのブクブク太って、1日の大半を寝て過ごす肉食系女子の餌食になるだけですよ。

3.脱!草食系 男は狩りに出よう!

あなたはどのくらいご無沙汰ですか?

SEXにご無沙汰な男性は、むしろ肉食系男子です。

一度のごちそうで、しばらくは生きていられる「ポテンシャル」を持っているのです。

ご無沙汰なのを引け目に感じてはいけません。

さあ、狩りに出かけましょう!

出会い系サイトで獲物を物色する

まずは、出会い系サイトで自分の好みの女性がいないか、しっかりと物色しましょう。

もうあなたは「草食系男子」ではありません。

広い視野で見渡す必要はありません。

しっかりと「絞り込み」をかけ、獲物をロックオンしましょう。

狙った獲物の出没場所に、好物を仕掛けておびき寄せる

獲物が決まったら、即捕獲にかかりたいところですが、慌ててはいけません。

肉食動物は、数少ないチャンスを逃さないために、入念に準備して獲物に襲いかかります。

メールや電話のやり取りで相手の好みを知り、お好みのデートを演出します。

そこで、あなたの「草食っぽい」イメージがプラス材料となります。

パッと見で「肉食」と分かると警戒されてしまいますが、一見すると「草食系男子」のあなたの外見や物腰は、女性に安心感を与えます。

言うならば、オコジョです。

オコジョは、カワイイ外見からは想像もつかない猛獣です。

あなたもオコジョを目指しましょう!

食べちゃう

準備が整ったら、いただきましょう。

しかし、久しぶりに獲物だかといって、頭からガツガツ言ってはいけません。

鮮度が良ければ、数回に分けて楽しむこともできるのです。また、時間が経てば熟成されて、さらにおいしくなる品種かもしれません。

丁寧にきちんといただきましょう。

万が一、「思っていたものと違っていた」「信じられないくらい不味かった」という場合は、自分の狩りのセンスがなかったと思い、諦めて食べれるところだけをいただきましょう。

再び狩りに出る

いただいた獲物を数回に分けて食べているうちに、旨みがなくなってしまうかもしれません。獲物に逃げられてしまうこともあります。

そうなったら、また再び狩りに出ましょう。

新しい狩場(出会い系サイト)を探すもよし、珍しい品種(熟女、腐女子など)を試してみるもよし。

「草食系男子」として待ちの姿勢であったあなたも、狩りの回数を重ねるごとに、狩りも上手になるでしょう。

ただし、惰性で狩りをしてはいけません。

あなたは少々のご無沙汰でも生きていける「肉食系男子」なのです!

「草食系男子はモテる」と勘違いして、積極的に女性にアプローチしない男性は、そのまま残念な「真の草食系」になるか、ブクブク太った「肉食系女子」の餌食になるしかありません。

そのような悲しい未来にならないように、頑張って狩りに出ましょう!

理想のセフレは出会い系でトライアル&エラーを繰り返して見つける

セフレ塾

結婚相手や彼女とセックスの相性がいい男性は幸せ者です。しかし、世の中に幸せの数がそれほど多くないように、理想のカップルもそれほど多くないのが実情ではないでしょうか。

不幸にして奥さんや彼女とのセックスに幸せが見出せなければ、相性の合う別の女性を見つけるしか解決策はありません。こればかりは医者に行っても直せません。ED治療薬の類は対症療法に過ぎません。

こうした問題の根本治療には出会い系サイトを使います。出会い系に登録すれば医者要らずです。家庭や彼女との関係は今のままに、セックスの相性だけが抜群にいい、理想的なセフレを探すことが出来るからです。

出会い系でトライアル&エラーを繰り返して理想のセフレを見つけましょう!

セフレとはセックスの相性がいい相手

童貞の頃は、本物のセックスができるなら相手は誰でもいい、女なら何でもいいと思いがちですね。とにかく女の裸を生で拝みたい、女を裸にしてむしゃぶりつきたいとまず思うものです。これは男としてきわめて自然な衝動です。

初体験どころか、結婚相手でさえ、スカートを履いていれば誰でもいいというほど奥手な人も、オタクの中にはいたりします。実際それで結婚してしまうような人もいます。

しかし、いかに奥手の童貞やオタクでも、人間のセックスは犬や猫のそれとは大きく異なります。人間のするセックスの根底には、女に対する好みがある以上、女なら誰でもいいというわけにはやはりいきません。

女として魅力を感じない相手では、セックスを覚えるや否や、インボルブすることさえ難しくなるのが普通です。

実は、世の多くのセックスレス・カップルは、たいして好きでもない相手と成り行きで一緒になっただとか、世間体を優先した結果、自然そうなったケースが少なくありません。

あるいは、最初は好きで一緒になって、別に嫌いになったわけではなくても、セックスの相性は別だった、というケースも相当程度存在します。

それほどセックスの相性を見極めることは難しいわけですね。こればかりはいくら想像を働かせても、頭で考え抜いても仕方のないことだから厄介な問題ではあります。

こうした問題には経験がものを言います。それも学識経験ではなく、本番の経験ですね。究極的にセックスの相性がいい相手を見つけるためには、セックスで試すしかないんだと思います。

そして、セックスの相性が抜群にいい相手が見つかったなら、それが理想のセフレであることは言うまでもありません。

セフレ探しはやっぱり出会い系に限る

それでは、セックスの相性が抜群にいい理想のセフレはどうやって見つければいいのでしょうか?

ネット社会から受ける恩恵は計り知れませんが、同時にネット社会は在宅やそれに近い環境で仕事をしている方を珍しくない世の中に仕立ててしまいました。

そして、人間にとって環境というものは争えません。そうした環境にいると、勢い普段リアルに接する異性は近所の人妻だけみたいなことにもなりかねません。

しかし、近所の人妻なんかに手を出して誰かに感付かれようものなら、たちどころ住み心地が悪くなり、最悪引っ越さなくてはならなくなります。

あるいは女性のいる職場環境に恵まれていても、職場でセフレを物色するのはリスクが高すぎます。

よしんば上手く職場のOLさんとセフレ関係になれても、飽きたときどうするのか?簡単に他のOLに乗り換えるなんて出来ませんよね。ばらされたらそれこそ会社にすらいけなくなります。

それでは後腐れなくストリートナンパでもするかとなると、これはもう誰にでも出来ることではありませんし、度胸を決めて実行に移しても、少しでもしつこくすれば迷惑防止条例で通報されかねない、なんとも世知辛い世の中ですからね。

こうしたリスクなく、合法的にセフレを探すには、現在のところ出会い系サイト利用がもっとも安全確実です。しかもこちらは、やり方さえ覚えれば、次から次とセフレ(候補)を見つけられるようになります。

相性が合わなければそれきりでかまいません。少し付き合ってみて飽きて来たら取り替えていいんです。簡単に飽きるということは、相性という点でまだまだだとも言えるわけですから割り切っていいんです。

こうして出会い系で見つけたセフレ(候補)なら、常に新鮮な相手とフレッシュな感覚でセックスを楽しむことが出来ます。ここが素晴らしい点です。

飽きて来たのに仕方なく惰性でセックスを続けるなんて、夫婦ならともかくセフレじゃ流行りませんよね。でも、現実にはそれで我慢しちゃっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それだけ現実には、セフレを見つけることが大変だから、簡単に手放したり出来なかったりするわけですね。

でも、出会い系サイトでセフレ探しを思い立った方なら、もうそうした不自由とは無縁です。まず、信頼できる大手出会い系サイトに登録をしてください、すべてはそこから始まります。

出会い系サイトは動画サイトとは比較にならないほど安全

出会い系で相性のいいセフレを探すのは、今晩のおかずを何にしようかと、抜けそうなアダルトビデオを物色するのと基本的に同じです。その程度の手間で3次元のセフレが探せるんです。

しかも、アダルトビデオの場合、無料で見れるサイトは無数にあり、とりわけ無修正サイトはサーバーを海外に置いていたりしますから、わけの分からない横文字表記が突如現れて困惑したりすることもあったりしますね。

ところが、出会い系では無修正どころか生身の女といやらしい会話が出来た上に、本番のセックスまで出来るにも関わらず、サーバーはすべて日本に置かれていますから安心です。

何より安心なのは、スパムを食らうことのある動画サイトと違い、大手のいわゆる優良出会い系サイトであれば、間違ってもウイルスに感染させられるようなことはありません。

顧客の個人情報は高度なセキュリティシステムでがっちりガードされています。

大手出会い系サイトは、アダルトビデオでは決して得られない経験が出来るのに、そのサーバーは動画サイトとは比較にならないほど安全なのです。

それでは、安全な出会い系サイトに登録をして、具体的なセフレ探しを進めていきましょう。

プロフ写真の第一印象にこだわらない

パッケージで騙されたアダルトビデオは通常、早送りしてあらかたの内容を飛ばし見して、抜けそうなところだけを改めて再生したりしますが、たいていは興味を持つことさえ出来ませんね。セフレ探しも似たようなものです。

プロフィールの写真で竿がしなっても、ライブチャットなんかをすると全然色気が感じられないような女もいれば、話しているだけで退屈してしまうような女もいます。

セフレ探しでは、まずインボルブ出来なければ致命的ですから、プロフ写真をパッと見で判断して第一印象がよさそうに思えても、女としての色気に欠けると判断したら、電光石火的にセフレ候補から外します。

ここがある程度真面目に付き合う相手を探す場合と、セフレ探しの大きく異なる点です。

性的魅力がない、色気がないと判断された時点で、その相手はセフレにはなりえませんから、長々とメールを続けたりする話ではありません。割り切って切り捨てて次の女に当たるようにします。

とかく出会い系のメールは、写真の第一印象に拘泥されてしまいがちですが、セフレ探しでは、ここから自由になる気持ちの軽やかさが必要です。

無制限の中で自ら制限枠を作る

出会い系サイトは基本的に自由な世界です。どういう遊び方をしても自由です。だから奥さんや彼女がいるのに、相性のいいセックスが出来る理想のセフレ探しをここでしても、誰からもお咎めを受けずに済みます。

ただ、自由すぎる世界は、人間にとって一種の真空状態を作り出します。真空地帯では、何でも出来そうに思えながら、何にも出来なかったりします。

それで、出会い系サイトを真空地帯にしないようにする工夫も最初のうちは必要になるかもしれませんね。制限を自らに課すことで真空地帯に陥らないようにすることが出来ます。

端的には、大手の出会い系サイトはどこも、登録した後はしばらく無料で使えるポイントが付与されますが、それを含めていくらまで使えるかを予め登録時点で決めて置けば、それが制限になります。

人にもよりますが大抵、大手の出会い系サイトの場合、無料ポイントとあわせて通常は6000円もつぎ込むと、2人か3人のセフレは見つかるものです。

まずはこれを最初の制限枠とすれば、その枠の中でなんとしてでもセフレを見つけようという”気構え”を持つことが出来ると思います。

実は、出会い系で大事なのは、こうした気構えを持って臨むことなんです。ところが、無料ポイントだけで遊ぼうと考える人は、えてして先に申し上げた真空地帯に陥りがちなのです。

答えは簡単です。無料だと無制限といった気持ちになりやすいから、いつになっても気構えが持ちにくくなり、それが相手に伝わってしまうために、なかなかセフレを探すことに至らないわけですね。

出発点のちょっとした違いが結果に大きく響きます。6000円が惜しければ5000円でも3000円でも構いません。まず、自分に有料の制限枠を設けてから、セフレ探しをスタートさせてください。成果は必ず出ます。

いろいろ書いてきましたが、正直申し上げて、大手出会い系サイトを使えば、セフレ探しにことさら大袈裟なノウハウは必要ありません。

大手の優良出会い系サイト(その数はすでに数箇所に収斂してきていますから探す手間もありません)に登録をすれば、それだけでセフレは見つかったようなものだからです。

なぜなら、出会い系サイトにいる女性は、基本的にセフレ志願者だからです。需要と供給において、セフレほど見つけやすいカテゴリーはないからです。

ただ、あえてひとつだけ繰り返せば、無料ポイントでは相手は見つかっても、理想的なセフレは見つけられません。セフレ探しに必須といえるトライアル&エラーが出来ないからです。

この部分さえ押さえて出会い系を使えば、誰でも必ず相性のいい理想のセフレを見つけることが出来ます。

「出会い系サイト」の新規登録者が増える「春」こそがチャンス!

セックスフレンド

春は、別れもあれば出会いもある季節です。

就職や転職、引っ越しを機に、新しい出会いを求めて「出会い系サイト」への登録者も増えると言われています。

それでなくても春になると心がウキウキしてきますよね。

出会いの季節である「春」は、もうそこまで来ていますよ!

春はなぜ、こうもウキウキしてしまうのか

就職や転職をしたわけでもなく、引っ越しをしたわけでもない。ただ風が暖かくなり、太陽の日差しがまぶしくなり、緑や草花が咲き誇るのを見ているだけなのに、「春だなぁ~」思いませんか?

そんなときに、「ニャ~ゴ~、ニャ~ゴ~」と狂わんばかりの声を上げてパートナーを求めるネコの声が。そうです、ネコに負けるわけにはいきません!

我々も本能で出会いを求めるべきなのです!

1.春になると動物が発情するのはなぜか?

動物が春になると発情するのは、子孫を残すための本能と言われています。

暖かく、食べ物が豊富にあり、子供が育ちやすい環境にある「春~秋」に出産することで、確実に子孫を残そうとするためです。

動物によって妊娠期間に差はありますが、多くの動物は「春~秋」に出産するために、「春」に発情期を迎えます。

2.人間の女性も発情している!

どんなにかわいいネコが「ニャ~ゴ~、ニャ~ゴ~」と求めてこようとも、それに応じることはできません。我々は人間の女性と出会わなければならないのです。

では、人間の発情とはどういうものでしょうか?

人間の女性にも発情期はあると言われています。

月経の周期の中で、排卵期は「妊娠可能な時期」であり、動物でいうところの発情期に相当します。

「え、え、えー! 人間は毎月発情しとるんか!」

そうです。生物学的には、人間の女性には毎月発情期があります。

また、女性ホルモンが活性化されると発情しやすくなるとも考えられています。

女性ホルモンを活性化する食べ物の代表は、イソフラボンが豊富な大豆です!

「ヘルシーだから……」と言いつつ、豆腐料理専門店に足気く通ったり、間食に「煎り大豆」や「ナッツ類」を食べている女性は、まさに発情期を迎えてい……るかどうかは分かりませんが、とにかく女性ホルモンが活性化されている女性は、キレイでやわらかい雰囲気を醸し出しています。

裏を返せば、ギスギス、ガサガサしている女性は発情していないのです。

良かったですよね、ギスギスしている女性が発情しているのであれば、なかなか怖くて近寄れませんから。

3.暖かくなり、薄着になって身も心も軽くなる

コートや上着を脱いで薄着になるだけで、身も心も軽くなりますよね。

おまけに女性が薄着になると、男はそれだけでウキウキしてしまいます。

寒い時期には、外出もおっくうになりがちで、積極的に出会いを求める気にはならなかった人でも、暖かくなると「よし!恋をしよう」となるのです。

4.別れを乗り越えて出会いを求める

就職や転職、引っ越しなどで、それまでの人間関係に別れがあった人は、次の出会いを求めています。

特に新しい環境で生活を始めた人は、心細さやさみしさから「より親密なつながり」を欲しています。

春は出会い系のシーズンです!

春は新しい出会いを求めて、出会い系サイトに登録する人が増える季節です。

冬の間に進展しなかった関係や、マンネリ化してしまったセフレとの関係に一旦終止符を打ち、新規の相手を探すチャンスです。

新規の女性への上手いアプローチ法を準備しておきましょう。

1.出会い系マスターとして華麗に手ほどきをする

これまで出会い系サイトで培った経験とスキルをフル活用し、プロフの書き方、読み方、メールのやり取り、出会い系サイトでの「危険な男の見分け方」などを、新規の女性に優しくアドバイスします。

「この人、ナニ目線?ナニモノ?」と思われる危険性はありますが、女性にとって良き相談者となることで、相手との距離を縮めていきましょう。

ただし、やりすぎは禁物です。

「○○さんのおかげで、素敵な人と出会えました。明日退会します!ありがとうございました。○○さんも頑張ってくださいね」という、悲しいお別れメールを受け取ることにならないようにしましょう。

2.同じ新規会員を装い共感性を高める

とりあえず一度退会して再登録しましょう。

登録日が「今春」であれば、女性も「あ、この人もまだ登録したばかりなんだ」と親近感を抱きやすくなります。

もちろん、女性とのコンタクトも「慣れていない風」を装いましょう。

しかし、女性のほうも同じも目論見で、退会→再登録した人かもしれません。

そこはお互い「大人の察し」でやり過ごしましょう。

3.生活が変わった女性を狙っていこう!

就職や転職、引っ越しや離婚(!?)などで、別れを経験し、生活が大きく変わった女性は。新たなつながりを求めています。

会話のなかから、こうした情報をうまくキャッチし、出会いにつなげていきましょう。

春は出会いの季節です。

新しい出会いを求めて「出会い系サイト」登録する人も多くなります。

この大きなチャンスを逃さないようにしましょう。

出会い系サイト・アプリに登録するときは何に気をつけたらいい?

セックスフレンド

出会いたいなら出会い系サイト? それとも最近はやりの無料チャットアプリ?

かんたんに出会いを探したい時には、どこで探すのかも重要ですよね。その場所でどういう出会いが探せるのかを知るには、事前に調べておきましょう。

会員数が多いところがいい?

出会い系サイトではよく「会員○百万人突破!」などの広告を見かけますね。やはり探す相手の母数が大きいと出会いの可能性は高まると考えられるので、有名サイトの中でどこにしようかと迷った時には会員数の多いサイトを選ぶことが基本です。

けれど、会員になっていても多くの人が既に使わなくなっていたり、サイトの使い勝手が悪くて登録だけで終わってしまっていたりしたら意味がありません。事前に見るべきは会員数だけではなくて、会員の稼動状態も見ておきましょう。

そして最近はやっているアプリの出会い系ですが、サイトに比べると会員数はまだまだ少ないところが多いです。人気のアプリでも数万人程度のところが多いです。けれど出会い系としては新興であることを考えれば、会員数が数万人いっているだけでも「勢いがある」と判断できます。またアプリの方が若い人が利用していること、Facebook と紐ついているものでは使い方が手軽でよく使われていることも見逃せません。

出会いを探すにはサイトかアプリかを問わず競合他社よりも会員数の多いところであるか、そして会員がきちんと使い続けているかどうかが重要です。

会員の質はどうか?

出会い系サイトでよく聞かれる不満が「サクラばかりいて出会えなかった!」ということです。ポイント制のサイトは、会員数は多くても、業者が紛れ込んでいるところがネックだと言えます。大手のサイトであれば普通に利用している女性の方がサクラより多いですが、熱心に誘ってくれる女性がお金目当てのサクラだったら悲しいですよね。

またリテラシーの低い人でも使いやすいため、未成年や援交目当ての女性にも注意が必要です。出会い系サイトは大手を使う、サクラに引っかからないように気をつけるなどの対策を忘れないようにしてください。

それでは、出会い系のアプリの会員の質はどうでしょうか。会員数はサイトに比べると少ないかもしれませんが、スマホをよく使う層が利用していることを考えると会員の質は高いといえます。

これらは若い人でも名前を知っているため、「出会い系」と聞いた時に若い女性が連想するのはサイトよりもこれらのアプリに変わりつつあります。けれどやはり出会い系アプリは新興であることを考えると、知名度が重要になってきます。深夜にCMをしていたり、街に広告を出していたりしているアプリをチェックしましょう。同じ地域に住んでいる女性がそれらを見て、登録してみようかなと考える確率が高くなります。逆に言うと地方に住んでいる人は、広告が身近にないと知名度が高くないと考えられます。

ネットの検索で見つけた出会い系アプリに登録してみても身近な地域で使っている女性がほとんどいなかった! ということになりかねません。ネット上で相手を探すとはいえ、リサーチは実際にリアルの世界ですることも大切です。

登録が難しいのは?

出会い系サイトは、登録のかんたんさを売りにしているところも多いです。だからこそリテラシーの低い人も集まってしまうのですが、退屈しのぎに登録できるという障壁の低さはイベント前などに一気に人数が増える盛り上がりを見せてくれます。

登録が難しい(手順が多い、免許証の提示を求める)などのサイトになると、出会いを探すというよりも婚活をしている人が多くなります。こういった障壁の低さ・高さを見るのも、出会い系サイトの性質を知るには重要です。

出会い系アプリでは、単なる遊び相手探しの場合も登録がかんたんなものと難しいものにはっきりと分かれています。サイトのようにかんたんなものが、メッセージ交換アプリやLINE掲示板などです。これらではアプリをダウンロードした後はLINEに移動するため、LINEさえ持っていれば誰でもすぐに使えます。いつも使っているLINEでやり取りができるところが、若い女性にウケています。気が合えば実際に会うし嫌になったらブロックすればいい、というやり直しのきく感じは男性にとっても好都合ではないでしょうか。

会員数と稼働状況、登録のやり方などからサイト・アプリの質を見極める方法をお伝えしました。登録をする時は、これらのことをしっかり覚えていてください。

出会い系サイトのプロフ写真の好感度ランキング

セックスフレンド

出会い系サイトでは、プロフィールに写真を載せると、女性と出会える確率が上がると言われています。

しかし、顔が分る写真なら何でもいいわけではありません。

出会い系のプロフの写真は、ルックスだけでなく、センスや性格、性癖(!?)まで、さまざまな重要情報を含んでいます。

どういう写真が好まれるのか、出会い系サイトのプロフ写真の好感度をランキング形式でご紹介します。

第1位 カメラに視線が合った、笑顔のスナップ写真

スナップ写真とは、日常の光景や出来事をそのままに切り取った写真です。

旅行やBBQ会などで、いつの間にか撮られている写真や、「撮るよー!」と言われて、サッと撮られた写真です。

宴会の翌日に「い、い、いつの間に、こんな写真が-……」という、ある意味恐怖写真もありますが、スナップ写真のいいところは、被写体の表情が自然で生き生きとしているところです。

自分で見ると、表情が無防備で「これがオレ?」と思うでしょうが、まごうことなくそれがあなたです。

スナップ写真は、本人は気に入らなくても他人が見れば魅力がいっぱいの写真なのです。

なかでも、カメラに視線が合った笑顔の写真は最高です。

友達と一緒に撮った写真に、そんな1枚がないか今すぐ探してみましょう。

第2位 カメラの視線を外した、何気ない表情のスナップ写真

同じく第2位もスナップ写真です。

知らないうちに撮られた真剣な横顔や、うつむき加減の表情、遠くを見つめる表情などの写真もあなたを魅力的に見せていることでしょう。

しかし、視線が合った写真に比べると、作為を感じさせ、若干のナルシスト感が臭ってきます。

「わざとスナップ風に撮ったのでは?」と疑われてしまうと、「どんだけ自分好きやねん!」と激しいツッコミを受ける危険性も秘めています。

第3位 自然な自撮り

男の自撮りはもはや恥ずべきことではありません。どうやって調査したのかは分かりませんが、現代男性の4人に1人が自撮りをしているそうです。社長、専務、部長、課長の誰かは自撮りをしている、ということです。気持ち悪いですが……。

その恥ずべきことではないけど、やっぱり恥ずかしい自撮りのなかでも、自然な表情の自撮りは好感が持てます。

適当なスナップ写真がなかったり、写真を撮ってくれる人がいなくて、やむを得ず「自撮りしました」感を漂わせる写真を撮ってみましょう。

自然な表情とは何か? これは実はとても難しいものです。

これより下位の「残念な自撮り」を参考に、そうではない写真が「自然な自撮り」と理解してください。

第4位 決め顔の自撮り

4位といっても、これ以下はダメな写真です。

男女の区別なく、自撮りの多くは、いつも同じ「ポーズ」や「角度」「表情」ですよね。

これはすなわち、自分自身のセルフイメージがそうなっているからです。

人は動いていろいろな表情をし、いろいろな角度から見られているものですが、自分の「決め顔」がある人は、セルフイメージが強く、他人が見る自分もそのとおりだと誤解しています。

SNSに同じような自撮り写真を何枚も上げている人をみると、「あー、この人の思う自分はこうなんだろうな」と思うと同時に、「ってことは、実物は違うんだろうな……」と思えてきます。……不思議ですね。

特に、自撮りなのにカメラの視線を外している写真は、スナップ写真の視線外し以上に、確実に「ナルシスト感」が漏出します。

女子受けを狙ってアヒル口(古っ!)をしたり、猫耳をかぶったりするは最悪です。

あなたのイケてるは、他人から見れば「滑稽」なだけですよ。

第5位 変顔の自撮り

自然な表情が何だか分からず、あれこれ決め顔を探しているうちに、ふと「自撮りをしている自分」を客観視してしまい、「うおおおー!俺はなんて恥ずかしいことをしてるんじゃぁ~」ということでしょうか?

いや、それも含めて自分を客観視することに耐えられない、ある意味普通の精神の人がやってしまうのが「変顔」の自撮りです。

その気持ちはよーく分かりますが、これをプロフに掲載してはいけません。

「出会い系をなめている」「女性をなめている」と思われるだけで、誰もその繊細な思考を理解してくれません。

変顔をするくらいなら、思い切って「素」で撮ってみましょう。多分それが一番面白いです。

第6位 証明写真?

ときどきありますよね。「え、運転免許書? 履歴書?」と思わせる写真が。

真正面を向き、胸を張って、笑顔を作らず、誰にも媚びることもない堂々とした表情は素晴らしいものです。

しかし、証明写真にはなぜか並々ならぬ「やる気」が込められています。

「どんだけ出会い系にやる気だしとんねん!」と思われてしまうでしょう。

また、これだけ手軽に写真がとれる時代に、なぜこの写真を……と思わざるを得ません。

楽しい思い出が詰まったスナップ写真はありませんか?

自撮りはできませんか? もはや4人に1人は自撮りをしている時代ですから恥ずかしがることはありません。

以上、出会い系サイトのプロフ写真の好感度を勝手にランキングしてみました。

くれぐれも勝手なランキングであることをご理解の上、今すぐ写真探しを始めましょう。

ページの先頭へ