「セフレ体験談」の記事一覧

人妻狙いで出会い系サイトにチャレンジ

セックスフレンド セフレ体験談

今回は人妻狙いで出会い系サイトにチャレンジしてみました。

出会い系の掲示板で、「いますぐ会ってください」といった、かなり欲求不満じゃないかなぁという書き込みがあったので早速メッセージを送ったらすぐに返信がありました。

こういうタイプはサクラがおおいのですが、「最近ガラケーからスマホに変えた」と言ってきたので、「LINEのやりとりしてみませんか?」と誘い、LINEのIDをゲットしました。ということは本当にどすけべ女の可能性がたかいかな、と思いました。

ラインでのチャットでは、普段のことなどを聞きながらも、エロトークしたり、エッチな写メなどを交換して、数日後の夜、彼女の近くの居酒屋で飲むことになりました。

熟女の外見は、よくショッピングモールなどで見かけるような、コジャレたママさんっていう感じでした。カラフルな柄のチュニックに、ギンガムチェックのパンツスタイルでした。

人妻という雰囲気がよりエロさを醸し出していました。居酒屋では下ネタトークが満載でした。

思った以上にどすけべ熟女で、もう何年も旦那とはマンネリらしく、他にもセックスフレンドはいるようなのですが、相手が職場が多いので、普段しないようなエッチがしたいのになかなかできないとお悩みなのだそう。

居酒屋さんが掘りごたつだったのですが、途中酔っぱらってきた彼女が中に潜ってあそこを触ってきました。

チャックをはずしてジュポジュポと音を立てながらぼくのチンポをお店でなめてきましたので、こりゃ絶対にヤレるな、と確信。

居酒屋でかなり酔っぱらったあとはホテルへ移動しました。刺激がほしいと懇願されてもどうしたらいいかわからなかったので、まずソフトから、ということで目隠しプレイで試してみました。

普段は責められない背中や足先などを責め立てたのですが、ちょっと愛撫しただけで、びしょびしょにおマンコは濡れ濡れでした。

そのまま顔に僕のチンポをくっつけ目隠ししながらフェラチオをしてもらい、途中イラマチオも強要しました。オエオエいいながらも喉ちんこまでぼくのチンポを入れながら、それでもどんどん彼女の愛液があふれでてくるくらい、変態熟女でした。

最後は一緒に気持ちよくなりたいと、ヌルヌルのおマンコにカチカチのチンポをパコパコと激しく入れながらイキました。

最後はいい感じに熟れたおっぱいにかけました。すごいいつも見ていたAVのような感じだったらしく、イッたあともかなり興奮していて、そのあとも2回戦ほどチャレンジ。

おくっていく途中もタクシーでチンポを触ってくるくらいのどすけべ熟女ははじめてのタイプでしたね。いつものセックスフレンドよりも、たくさん感じれたらしく僕のプレイにはかなり大満足だったようです。

またまた出会い系サイトで人妻セフレをゲット

セックスフレンド セフレ体験談

またまた出会い系サイトで人妻セフレをゲットしました。

28歳の人妻で、ご主人とは、結婚前は、週1回あるかどうかのエッチだったのが、結婚してからは、ドンドン回数が減り、今では、月1ペースだそうです。

これにとても不満を持っていた彼女は、出会い系サイトに登録して、男性を探していたようで、絵画鑑賞の趣味が私と同じだったので、私とメールのやり取りをするようになり、そのまま男女の関係になってしまったのです。

彼女は、エッチにすごく関心があるのですが、ご主人は、そうでもないので、溝ができたようなんですね。

そこで、私とエッチする時には、とても嬉しかったようで、メールで『色々楽しみましょうね。』と書くほどでした。

エッチをする当日、彼女は、ミニスカートで私の前に現れました。その姿に興奮する私。チラっとミニスカートから見えたパンティーは、ブルーでした。それにも大興奮する私。

さらに、彼女は、『今日は、主人は、出張でいないから、たっぷり楽しみましょうね。』と言ってきたのです。

まず、腹ごしらえに焼肉を食べ、その後、カラオケで、クンニ&フェラまでした私たちは、その流れで、
ラブホテルに行くことにしました。

部屋では、お互いに服を脱いで、シャワーを浴び、さっぱりしたら、ベッドへ。まずは、キスをして、その後私が彼女のおっぱいとお〇んこを舐めまくりました。

おっぱいとお〇んこを舐めると『アアア、イイイ!』と声を出して、感じる彼女。特にクリトリスが彼女の敏感部分らしく、クリトリスを舐めると『ヒイイイ!!』と言って、喘ぎ声が高くなり、絶頂感を体験したのです。

その後、彼女は、フェラをしてくれました。

丁寧に、ゆっくりしたフェラで、とても感じてしまいまい、このままだと出ちゃうと思い、急いで、ゴムを着け、正常位で、彼女のお〇んこの中に入れました。

『アアアア!イイ!』と喘ぎ声を出して喜ぶ彼女。

そして、騎乗位の体勢となり、私が下から突き上げると『奥まで当たる!!奥まで!!』と言って、感じまくる彼女。その時、彼女のEカップの胸が上下に揺れる様は、とても興奮してしまいました。その後、正常位に戻り、彼女の感じている顔を見ながら、ザーメンを彼女の顔に出しました。とっても沢山の量だったので、彼女の体中は、ザーメンまみれになってしまいました。

そのザーメンをテッシュで、拭いてあげると彼女は『ありがとう。とっても気持ち良かった。』と言ってくれました。

その後、彼女とは、定期的にエッチしています。

ご主人のエッチでは、もうダメのようです。

ページの先頭へ