まずはサクラを撃退するために名前の後ろにスペースを空けておきましょう。

「タカシ 」みたいなかんじですね。

こうすると、サクラが一斉送信メールをしようとすると「たかし さん、こんにちは」のようにスペースが空いてしまうのですぐに見分けることができます。

何気なく名乗ったその名前に本人のセンスが隠れている

つぎに、何気なく名乗ったその名前に本人のセンスが隠れているという問題。
例えば「太郎」「たろう」「タロー」「TARO」。
これらが実際にその人の本名なのかどうかは不明ですが、ありふれた名前ですので何の抵抗もなく呼ぶことができます。
この場合は、こういった名前の使用は正解ということです。
基本的にはあくまで女性側がこちらを呼ぶ際に呼びやすい名前がいいでしょう。

一般的に女性の方はあんまり凝った名前にはしないので、実名をひらがな表記にしている人も案外たくさんいて、それ以外にも実名に関連した名前を名乗る人が多いようです。

次は、やってはいけない名乗り方

次は、やってはいけない名乗り方について。
最初に、よくあるケースが外国語を使用したなまえ。
前に「レオン」という名前の人がいましたが、その名前を恥ずかしそうに相手の女性が呼んでいました。
これはどうかと……。

なまえを名乗る際のコツは、女性が自分を呼び捨てで呼ぶという場合を想像するといいとされています。

むろん、実名でもいいのですが、学生時代に友達から呼ばれていたニックネームなども呼びやすいので使用するといいでしょう。