出会いたいなら出会い系サイト? それとも最近はやりの無料チャットアプリ?

かんたんに出会いを探したい時には、どこで探すのかも重要ですよね。その場所でどういう出会いが探せるのかを知るには、事前に調べておきましょう。

会員数が多いところがいい?

出会い系サイトではよく「会員○百万人突破!」などの広告を見かけますね。やはり探す相手の母数が大きいと出会いの可能性は高まると考えられるので、有名サイトの中でどこにしようかと迷った時には会員数の多いサイトを選ぶことが基本です。

けれど、会員になっていても多くの人が既に使わなくなっていたり、サイトの使い勝手が悪くて登録だけで終わってしまっていたりしたら意味がありません。事前に見るべきは会員数だけではなくて、会員の稼動状態も見ておきましょう。

そして最近はやっているアプリの出会い系ですが、サイトに比べると会員数はまだまだ少ないところが多いです。人気のアプリでも数万人程度のところが多いです。けれど出会い系としては新興であることを考えれば、会員数が数万人いっているだけでも「勢いがある」と判断できます。またアプリの方が若い人が利用していること、Facebook と紐ついているものでは使い方が手軽でよく使われていることも見逃せません。

出会いを探すにはサイトかアプリかを問わず競合他社よりも会員数の多いところであるか、そして会員がきちんと使い続けているかどうかが重要です。

会員の質はどうか?

出会い系サイトでよく聞かれる不満が「サクラばかりいて出会えなかった!」ということです。ポイント制のサイトは、会員数は多くても、業者が紛れ込んでいるところがネックだと言えます。大手のサイトであれば普通に利用している女性の方がサクラより多いですが、熱心に誘ってくれる女性がお金目当てのサクラだったら悲しいですよね。

またリテラシーの低い人でも使いやすいため、未成年や援交目当ての女性にも注意が必要です。出会い系サイトは大手を使う、サクラに引っかからないように気をつけるなどの対策を忘れないようにしてください。

それでは、出会い系のアプリの会員の質はどうでしょうか。会員数はサイトに比べると少ないかもしれませんが、スマホをよく使う層が利用していることを考えると会員の質は高いといえます。

これらは若い人でも名前を知っているため、「出会い系」と聞いた時に若い女性が連想するのはサイトよりもこれらのアプリに変わりつつあります。けれどやはり出会い系アプリは新興であることを考えると、知名度が重要になってきます。深夜にCMをしていたり、街に広告を出していたりしているアプリをチェックしましょう。同じ地域に住んでいる女性がそれらを見て、登録してみようかなと考える確率が高くなります。逆に言うと地方に住んでいる人は、広告が身近にないと知名度が高くないと考えられます。

ネットの検索で見つけた出会い系アプリに登録してみても身近な地域で使っている女性がほとんどいなかった! ということになりかねません。ネット上で相手を探すとはいえ、リサーチは実際にリアルの世界ですることも大切です。

登録が難しいのは?

出会い系サイトは、登録のかんたんさを売りにしているところも多いです。だからこそリテラシーの低い人も集まってしまうのですが、退屈しのぎに登録できるという障壁の低さはイベント前などに一気に人数が増える盛り上がりを見せてくれます。

登録が難しい(手順が多い、免許証の提示を求める)などのサイトになると、出会いを探すというよりも婚活をしている人が多くなります。こういった障壁の低さ・高さを見るのも、出会い系サイトの性質を知るには重要です。

出会い系アプリでは、単なる遊び相手探しの場合も登録がかんたんなものと難しいものにはっきりと分かれています。サイトのようにかんたんなものが、メッセージ交換アプリやLINE掲示板などです。これらではアプリをダウンロードした後はLINEに移動するため、LINEさえ持っていれば誰でもすぐに使えます。いつも使っているLINEでやり取りができるところが、若い女性にウケています。気が合えば実際に会うし嫌になったらブロックすればいい、というやり直しのきく感じは男性にとっても好都合ではないでしょうか。

会員数と稼働状況、登録のやり方などからサイト・アプリの質を見極める方法をお伝えしました。登録をする時は、これらのことをしっかり覚えていてください。